RYT200とは

国内で最もメジャーなヨガ資格のひとつが、この「RYT200」です。

RYT200は「Registered Yoga Teacher」の略で、直訳すると「登録ヨガ講師」となります。

どこへ登録するの?

という疑問については、「全米ヨガアライアンス協会」というのが答えになります。

つまり、RYT200というのは

ヨガ指導者としての200時間のカリキュラムを学び、
全米ヨガアライアンス協会に登録したインストラクター

という証明になります。

全米ヨガアライアンスは、米国バージニア州アーリントンにあるヨガインストラクター資格を認定する非営利団体です。

ヨガ業界の中では最も知名度が高く、世界80か国以上で展開された最も認知されたヨガの代表的な組織です。

全米ヨガアライアンスは1980年代に設立され、ヨガインストラクターの教育水準を高めるために世界で共通したスタンダードを設定し、認定校を通じてインストラクターの質の向上に貢献しています。